人生設計ができない。

寝なきゃいけないけど、眠れないから、考えてたことをテキトーに書く。

そうしたらスッキリするかもしれない。


人生設計、という言葉をよく耳にする。

10年20年、あるいはもっと先を見据え、今からそれに向けて準備をする。

が、できない。いや、意識的にしない。

今から少し変なことを言う。

変だとわかってて言うが、自分にとって人生設計とは博打だ。


いつぞやの記事でも書いたかもしれないが、自分は最大でも一年先くらいの事しか考えていない。

結局、その時その時のやりたい事なんて、その時になってみるまで全くわからなかった。

ずっと続けていこうと思ったものもちょっとした気持ちの変化でやらなくなる。信じていた生き方がちょっとした人との会話でひっくり返る。ちょっとしたきっかけで新しいことを始め夢中になると 。

自分の気持ちの変化が読めないから、決め打ちするのが怖い。だから博打という言葉がふと過った。

膨大な時間をかけて計画的に積み上げたものが、いざその時になって魅力を感じなくなることが、怖い。

よく人から「お前は手のひら返しする性格だな」と言われる。

自分でもそう思う。ちょっとした気持ちの変化で何もかもひっくり返してしまう。

意志が弱いとか、人として軸がブレてるとか、そんな風に言われたりもしたし、そんな自分を恥ずかしく思ってた時期も長く続いた。

でも、色々な考え方に触れているうちに、いつしかそんな自分を受け入れられるようになった。

凝り固まらず、良いと思ったものはなんでも吸収するし、何よりも自分自身のことを読めない、読まない今の生き方がとても楽しく、楽だ。

上手く向き合えていると思う。


会社の面接でお決まりの「10年後の自分」なんて質問にも、面接官が望むようなお決まりの回答はできなかった。

「わかりません。その時情熱を抱けることに、全力を注ぎます。それがこの事業であるかも、わかりません。」そんな風に正直に答えた。

「10年後はより高度なスキルを身に付けチームリーダーとして...」なんて言い出したら嘘になる。


自分の話になったが、逆に人生設計の通り完璧な人生を歩んでいる人間も知っている。

素直に凄いと思う。理想や夢がはっきりしていて、それに向けて努力することが幸せなのだから。確かにそういう人間はブレない。


でもまあ、羨ましいとは思わない。

展開が読めないのもまた一興、なんて思って今日も呑気に楽しく生きている。

今日やりたいことは裏切らない。その繰り返しが一生になる、そんな人生になりそうだ。


書いたらスッキリした。
[PR]
# by zweilance | 2017-05-26 00:40 | ノンジャンル | Comments(0)

a0349590_13253664.jpg


https://twitter.com/zweilance/status/860790772659912704

今更感はありますが、疑問の声が多かったので、まとめておきます。

a0349590_13253603.jpg



Q.テック団を撃たれた上でドキンダムに除去を当てられるという負け筋を増やしてまで詰む必要があるのか?


A.テック団を撃たれた上でドキンダムに除去を当てられるような展開であれば、禁断があろうがなかろうが負けていることが大半だ。

現環境でテック団を採用しているデッキに殴って、踏んで、ステージュラ以外の全ての生き物が吹き飛んで、ターンを返して、どうなるか、という話だ。

ステージュラが2体いたらケアできるかもしれないが、それこそ都合の良い話。

テック団1枚のトリガーであればむしろ勝ち筋にすることができる、十分に採用する価値はあると判断している。

細い線ばかり抜き出して、「〜したら負けるから」というのは、後ろ向きになり過ぎている。

その時点で負けないことと、最終的にゲームに勝てることは違う。

ただ、ハンデスあたりにはゲームが長引くと、明確に負け筋となることは否定できない。

しかしながら、このデッキを構築した時点で能動的にテック団+αをプレイできるデッキの母数が少なかった為、割り切って構築している。

a0349590_13253608.jpg



Q.禁断に主要カードが落ちる可能性がある。

A.頻繁にデッキを一周する訳でもないし、引きたいカードを引ける確率自体はデッキが39枚になった分上がっている。

引きたいカードを引けずに試合が終わって「盾と禁断に◯◯めっちゃ落ちてるー」みたいな、気持ちはわかるけど、ボトムと盾に落ちるのと大差ないから、そこら辺は上手く割り切った方がいい。

ボトムの6枚にあろうが禁断にあろうが、引けてないものは、引けてない。
[PR]
# by zweilance | 2017-05-15 12:51 | DM | Comments(0)

ネタバレを含むので、これから見ようとしてる人はブラウザバック推奨。



































最近結構高頻度で記事書いてますが、色々あって、何か思いついたらとりあえず書くようにしてます。

なので誤字脱字もバリバリあるだろうし、文章構成とかも雑になりそうですが、良ければお付き合いください。


さて本題。

子供向けアニメでこの設定、正直驚きました。

最後の腕相撲からのシーンは、ロボヒロシに感情移入すると、涙無しでは観られない。

肉体のあるヒロシが最終的に父親であり続ける展開は、途中でヒロシが復活したあたりから予想することができました。ロボットはロボットだからね。

最初はヒロシの身体とロボヒロシの記憶が合体してハッピーエンドな展開を予測してたんですが、そこでもう期待を裏切られました。良い意味でです。

どのようにして幸せなかたちで、二人になったヒロシを一つにするのか、そこに注目して観ていました。

結果は、ロボヒロシの死でした。


あれは機械の故障とか、そんな言葉じゃ片付かない。

例え体はロボだとしても、ヒロシはヒロシです。

何十年と苦労を重ねて生きてきて、最愛の家族と別れ、その短い人生を潔く終える、紛れも無い野原ヒロシの死が描かれていました。

涙ひとつ流さず、家族を守って男らしく生き絶えるその姿に、号泣しました。

勿論子供向けアニメなので、そこまで思考が回るように生々しくは描かれていません。

多分、お子さんと一緒に見に行った親御さんが、自分の家族に置き換えてたまらなくなる作品、そういう印象を受けました。

やっぱかっこいいわ野原ヒロシ、本当に男。

正直なところそのシーンまでは、特に泣ける要素もなく愉快なクレヨンしんちゃん映画って感じで、楽しく見入ってました。

いやー、最後の最後でやられた。拍手。

演出も、特に最後の音楽も良かった。

EDのファミリーパーティーもかなり映画の雰囲気とマッチしてて、余韻でまた泣かされました。

文句無しの名作でした。

最後に一言

あいちゃん可愛い、出てないけど
[PR]
# by zweilance | 2017-04-29 04:00 | ノンジャンル | Comments(0)


マリオ、モンハン、ドラクエ、ポケモン...生粋のゲーマーっ子だ僕も、中学を卒業してから殆どゲームをやらなくなってしまった。

ゲームに対する有り難みが無くなってしまった。


昔はゲームソフト一本買うのにも、お年玉から資金を絞り出したり、誕生日やクリスマスなど事あるごとに両親に頼み込んだ。

買いに行くのも一人では許されなかったから、いずれにしても両親と戦う必要があった。

山ほどある欲しいゲームソフトの中から、選りすぐり決めるのもまた一つの戦いだった。

あの手この手でゲームソフトという宝物を手に入れ、隅から隅までやり尽くした。

友達とお互いに持っていないゲームソフトを交換して遊んだりもした。

乱数だの個体値だの何も知らずに、ただワイワイとポケモンをコレクションして戦わせ、なぞのばしょにハマってゲラゲラ笑って放課後を過ごした。

中学校でモンハンが流行り始め、任天堂を離れて少し背伸びした気分で毎日狩りに出かけていた。


高校を卒業し、大きく変わったことが二つ。

・自由にお金を作り、使えるようになったこと

・際限無くやり込めるコンテンツに出会ってしまったこと


「ゲームくらいならなんでも買えるし、なんでも出来る。」

自分でお金を稼ぐことが許されるようになった途端、今まで天高く見上げていたゲームが、自分の目線より下に見えてしまったのだ。

両親への感謝も、友達との交流も、ゲームを買うあの高揚感も、全部無くなってしまった。


そして、カードゲームを本格的にやり込むようになって、すぐに終わりが見えたり、自分の思考が反映されにくいゲーム性に面白みを感じなくなってしまった。

ポケモンなんかはひたすらやり込めるゲームの一つだと思うけど、ゲームの性質上アイデアの構想から検証までに時間を要し、途中で飽きてしまった。

大好きだったマリオやドラクエは、始めた序盤でなんだか虚しくなってやめてしまった。


「大人になるとゲームはやらなくなる」なんて大人に聞かされて育ったけど、ああ確かに、そういうことだったのかなと思う。

大人らしく卒業するというより、感覚の変化によって自然とやらなくなる人の方が多いのかもしれない。

※音ゲーは別腹だ。

その分今はまた別の形でゲームというものに楽しく触れているけど、あの頃の「ゲーム」は帰ってこないんだなと思うと、少し寂しい気分になった。

[PR]
# by zweilance | 2017-04-28 12:00 | ノンジャンル | Comments(0)

僕とエリート

「趣味に使う時間をもっと将来に役立つことに使ったら?」

知人のエリートとの何気ない会話の中で、そんな風に気を遣われた。

「将来像なんて話した覚えはないし、大好きなことを放棄しないと実現できないような将来に、何の魅力も感じない」

正直にそう答える。


自分の思考の変化程先の読めないものもないから、「将来」というものを考えていない。

せいぜい数年先が限度で、10年20年後、まして老後なんて現時点で何の興味もない。

これまでもこれからも、その時情熱を抱けることに全力を尽くすだけだし、きっとそれは変わらないと思う。


好きだからやっていることに、役に立つも何もない。

好きだからやっている。
[PR]
# by zweilance | 2017-04-26 08:03 | ノンジャンル | Comments(0)