NEXTのダイハード

a0349590_02111115.jpg


「バトライループから安全にフィニッシュできる」という採用意図が多く見受けられる。

筆者も昨秋に参加した第2回岩手CSの際には1枚採用していた。

しかしながら、今は状況が大きく異なる。

結論から言えば「今は不要」だと考えている。

今回はNEXTのダイハードにのみ着目し、筆者の考えをお話しする。



まず初めに、このカードを普通に召喚することを考える。

このカードは単体での仕事が乏しい。

同じコストで盤面をコントロールできる永遠やレジェンドと比べると、獲得できるアドバンテージの量が圧倒的に劣る。

攻め込む際に相手の有効トリガーを破壊したり、破壊以外の除去手段を持たない相手に対して確実な1ターンを用意したり、局所的ではあるが強みも存在している。

しかしながら、前者はそもそも自分が優勢であることが前提となるし、後者に該当する相手には他の手段の方が圧倒的に大きく勝ちに貢献する。

NEXTバトライ閣→ダイハードと動くより、NEXTバトライ永遠orレジェンドと動いた方がずっと勝ちに近付くのは、イメージできるかと思う。

まず前提として、普通に召喚する場合を想定すると、ダイハードとはそういうカードだ。



続いてバトライループとのコンボを考える。

言うまでもなく、バトライループでダイハードが捲れると、相手の盾を全て破壊することができる。

強力だ。

強力だが、そこまでしないと詰めきれない対面が、現環境にどれ程存在しているだろうか。

マナロックで相手のマナを縛り、永遠で相手の盤面を制御し、レジェンドでターンを獲得し、ドラグハートで相手の受けをケアし、ここまでやってダイハードが必要になるとは考えにくい。

筆者が岩手CSでダイハードを採用していた理由は「天門という、どれだけの盤面を作っても天門を撃たせるだけで負けてしまうデッキタイプが環境に一定数存在し、かつバトライループにも入りやすい対面だったから」である。

a0349590_02111109.jpg




そのダイハードは、本当に必要だろうか。

勿論、必要であれば採用すべきだし、しっかりと考えられた構築であれば、筆者が述べた以上の確たる理由は存在すると思う。

ただ、もし、なんとなくで採用しているのであれば、今一度バトライループ時のプレイや環境と向き合い直してみると良いかもしれない。

たかだか1枠2枠ではない、NEXTというデッキはこの1枠2枠で動きが劇的に変わる。

決してテンプレではないということだけはお伝えしたかった。


NEXTのダイハードに限らず、よくよく考えると抜くことができるカードというのは往々にして存在する。

デッキを並べて様々な視点を持った仲間で囲み、議論してみるのも有意義な調整になる。

一人では思考が凝り固まりやすい。

偏りのない意見を取り入れることで、客観的にも無駄のない48枚を捻り出すことが理想的だと思う。


ZweiLance
[PR]
by zweilance | 2017-03-21 01:21 | DM | Comments(0)

DM、歌、その他